引越し 相場 最安値

引越し料金の相場と最安値を簡単に知る方法

引越し 料金 価格相場

 

引越し 料金 料金相場

 

引越し 料金 費用相場

 

引越し 料金 最安値

 

引越し 料金 比較

 

引越し 料金 格安

 

引越し 料金 激安

 

引越し 料金 相場

 

引越しには何かとお金がかかります。

 

新居の契約費や新しい家具家電の購入費用なども必要です。

 

せめて引越し料金は安くしたいと思いませんか?
引越し料金は、荷物の量や距離によって大きく変わります。

 

あなたと全く同じ条件で引越しする人を探すのはほぼ不可能です。

 

あなたの引越し相場を知る一番簡単な方法は、引越し業者一括見積もりをすることです。

 

 

引越し 料金 見積もり

 

引越し情報を1度入力するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。
何度も連絡する手間がありません。

 

複数の引越し業者のサービスや料金を比較して、あなたにピッタリの引越し業者を探してみませんか?

 

みなさんが引越ししたい日というのは、土日祝日、月末、午前中、大安などに集中します。

 

特に春先は引越しの繁忙期となりますので、引越しが決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼しましょう。

 

条件の良い引越し業者は予約がどんどん埋まります。
先延ばしにせずに、早め早めに引越し準備を始めてくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

 

引越し業者と繁忙期

 

引越しの時期

 

引越しには繁忙期(オンシーズン)と通常期(オフシーズン)とがあります。
繁忙期と通常期には費用相場に差があり、繁忙期は高めに設定されています。

 

引越し相場と繁忙期

 

日本では4月から新学期なので、新大学生や新社会人は3月に新生活のために一斉に引越しします。
さらには春の人事異動で、新天地に移動するサラリーマンやその家族も加わって、3月は引越し業者が最も忙しい時期なのです。

 

繁忙期に準備をゆっくりしていて、いざ引越し業者に見積もりを依頼したら、どこの業者も予約が一杯で断られたということも。
ギリギリでキャンセルが出て、何とか引越しは出来たけど、はるかに予算オーバーだったという方もいます。

 

このように繁忙期は特に、引越しの準備を早めに行いましょう。
新居の住所がわかったらすぐに見積もりを手配して良い業者をおさえましょう。

 

今は一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりが取れますので、簡単に業者を比較することができます。
繁忙期といえど、引越費用には差がありますので少しでも安く引越しできるといいですね。

 

 

引越しの費用を少しでも安くするには?

 

引越し費用安く

 

引っ越し費用を少しでも安くしたい。
そんなときは条件を見直ししてみませんか?

 

まず引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなります。
引越しの前にできるだけ不用品を捨てたり、あげたり、売ったりして処分してください。

 

次に考えるのは引越しの日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるということで人気があります。
そのため平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。
同様に大安も人気がありますので、出来ることなら大安を避けた平日に引越ししましょう。

 

さらに午前と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
朝一で引越しをスタートして早く荷物を新居に運び入れて荷解きしたいですよね。
しかし午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引ができるかもしれませんので急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

引越しで最も費用かかる遠距離の引越しは、パック便やコンテナ便、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります。
ただし荷物が少なめであることや日数がどのくらいかかるかわからないことなど、条件が厳しくちょっと不便な面もあります。

 

 

引越しの初期にかかる費用

 

引越し初期の費用

 

引っ越しするときにはお金がかかりますが、その中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額になります。
どんなもの費用がかかるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する費用には、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用などです.。

 

・敷金は物件を出る時に傷んだ箇所を直す修繕費で、入居前に預ける形になります。
綺麗につかっていて直す箇所が少ない場合、残ったお金は返金してくれることもあります。
敷金ゼロの物件もありますが、修繕費を退去の際に請求されるので結局一緒です。

 

・礼金は大家さんに支払われるお金で、昔からの慣習なのです。
しかし最近は礼金ゼロの物件も増えています。
賃貸経営の流行と人口減少で空き物件が増えている影響もあり、礼金を取らない大家さんも増えています。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって費用が異なります。
仲介手数料無料の会社もありますね。

 

・家賃2〜3か月分をまとめて払ってもらう大家さんもいます。
家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクを減らしているのかもしれません。
ある程度の貯金がないと引越しができないということですね。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
以前は契約の際に、家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人(親・兄弟・親戚が多い)の名前を記載するのが一般的でした。
しかし最近は家庭の事情で連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しましょう。
なぜなら火元が自分でない火事で、もらい火をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることはできないからです。
日本の家は木造で燃えやすいうえに密集していますから、火事はお互い様と考えられ、もらい火でも自己責任なのです。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほどかかりますが、入居前に交換しましょう
家族分をスペアキーとして作る人が多いため、マスターキー以外に一体何本のカギが作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような費用がかかります。

 

 

引越しの大まかな手順を確認しましょう

 

引越し 手順

 

引越しではすることが沢山あるので、先に何をすればいいのか大まかな手順を知っておきましょう。

 

引越し 手順

 

まず早く引越し業者を決めてしまいたいところですが、引越し費用は新居の物件条件でも金額が変わります。
新居が決まらないと正確な見積もりが出せないのです。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

次に引越し料金は運ぶ荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、引越し費用が高くなるのです。
引越し前に不用品は売る・あげる・捨てるなどしてどんどん処分して、荷物を減らしましょう。そして使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で【転出届】を提出します。
引越しの2週間前から提出することができます。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてくださいね。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割りで精算してもらう手配をしましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話にて連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておくと二度手間になりませんね。

 

引越ししたことで、郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って【転送届】を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家財の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いて貼りだしておくと便利です。
ただし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌、見られたくないものなどは、自分で管理して運んだ方が安心です。
これらはもし破損して保険を使っても、お金では解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら【転居届】を市外引越しなら【転入届】を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなど役所からの手紙が届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
忘れて長期に放置すると、大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。

 

 

 

 

引越しとオプション

 

引越し オプション

 

引越し料金は人件費や交通費、それにオプション費用の合計金額です。
引越し業者の行っているオプションというサービスは次のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプションの中で依頼が最も多いのはエアコンの移設だそうです。
エアコンのついていない賃貸物件もまだまだ多いので、自分で購入してつける人も多いです。
自分で買ったエアコンですから新居にも移設したいと思うのは当然です。

 

しかしエアコンは電気事業者でないと取り外しができませんから、移設は面倒なのです。
引越し業者でオプション依頼であれば自分で手配する必要がありません。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単なのです。

 

荷物の一時預かりなんてどういう人がするのでしょう?
一時預かりを利用するのは家のリフォームや建替えで一時的に引越しをする方々です。
仮住まいにすべての荷物を入れるには大きな物件を借りなければなりませんので、不経済です。

 

引越し業者のオプションは「あったらいいな」というサービスを形にしたものですね。

 

 

 

ソファ の 引越し