引越し 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミ

引越し 粗大ゴミ

 

1辺が50cm以上あるものや重さが10kg以上の不要品は「粗大ゴミ」となります。
また石油ファンヒータやストーブ、ガスコンロ、電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミ扱いです。
引越しはこれらの粗大ゴミを処分する大チャンスです。

 

粗大ゴミはどうやって処分すればいいのでしょう?
粗大ゴミの処分方法はお住まいの自治体によって異なりますが、多くの自治体で行われている方法を書きますね。

 

粗大ゴミの処分方法には2通りあります。
@回収に来てもらう方法(有料)と、A自分で持って行く方法(無料)です。

 

@回収に来てもらう方法

 

最初に粗大ゴミ処理施設に電話して、回収に来てもらえる日を予約します。

 

予約ができたらスーパーやコンビニで売っている「粗大ゴミシール」を買って、捨てたい家財に貼り付けます。
この粗大ゴミシールは「回収手数料」なので粗大ゴミ1つにつきシールが1枚必要です。
シールの値段は捨てたい家財の種類によって違います。

 

シールの貼っていない粗大ゴミは、同じ場所に置いておいてもついでに回収したりはしてくれません。
シールを貼ってた粗大ゴミは、指定日時までに指定場所に置いておけば、業者が回収に来てくれます。

 

A自分で持って行く方法
自分で持って行く場合でも電話での予約が必要です。
いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くかを相手に伝える必要がありますので、忘れないようにメモを作っておきましょう。

 

予約した日時に粗大ごみの処理センターに持っていきます。
身分証を提示した後、車の計量を行います。

 

粗大ゴミをすてる前と後に車ごとの重さを量って捨てた粗大ゴミの重さを計算し、100kgを超えると数百円程度の手数料がかかる場合があります。
自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

しかし、粗大ごみの処分方法はお住いの自治体によってかなり違いがあります。
詳しい事は役所のホームページでご確認ください。

 

家電リサイクル法で定められた家電は処分方法がまた違います。家電リサイクル法に定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などです。

 

これらの家電を処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。
しかしもし購入したお店が近くない場合、すでにない場合など困った場合はお住いの自治体に相談してみましょう。